スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ人化したなと思うとき

台所の作業場に物が置いてなくてすっきり片付いたとき、嬉しい。
というか、よけいなものが台所に置いてあると、イラッとする。

07096
毎日ここまですっきりしてたら言う事なし!
夫が親切にも「僕が全て片付けるから!」と言ってくれるのはいいのですが、
私の「片付け」はここまですっきり、ですから!!
彼の「片付け」はこれの60%くらい。。。残念!


乾杯するときに、相手の目と目が合わなかったら、なんか悲しい。

ある程度仲良くなると、挨拶時に思わずハグしてしまう。男女かまわずね。

来客中やごはん中にテレビをつけない。
っていうかほとんどテレビ番組見ないな・・・。

初対面の人に自己紹介するときに、思わず名前を言って握手しようとしちゃう。

へらへら笑いをやめた。
ドイツ人と話す時は特に真剣な顔しちゃう、相手も真剣な顔してるし~、かなり無愛想だと思う。

分からない事を分からない!と言えるようになった。

お店の店員さんにちゃんと挨拶する。

ソーセージを食べ歩きできちゃう。

ちょっと、いい訳が上手になった・・・?

マニュアル車を運転できる。(縦列駐車はちょっと自信無い)
それに、アウトーバーン好き。追い抜くの、快感・・・・。

090510

そういえば、ドイツ人って車の民族?
むか~し、義理姉に「あなたのTraumauto(Dreamcar)は何?」って聞かれて
「へ~~?」ってなったっけなと思い出します。
だって、ようするに乗ってみたい車は?ってことなんでしょうけど、
車なんて走りゃ~いい、あ、でもエアコンとパワステ付きね
と思ってる私には、なんとも答えられない質問だったんです。
っていうか、日本人女子、乗ってみたい車は?って聞かれて「日産GTR」とか答えられる?

でも、今じゃあ、息子にさえ
「ママが好きな車はJEEPだよね?大きくなったら僕が買ってあげるから」なんて
言われちゃうくらいには車の種類に詳しくなった、かな、
当時よりはね、あんまり興味ないのは同じだけどね

日本で結婚式を挙げたとき、夫の両親、夫の兄夫婦が日本へ来てくれました。
8人乗りのワゴンにギューギューつめて乗って、
渋滞の中を伊豆へ向ったときに、運転していたうちの父が、
「長い間車のなかで狭くて、申し訳なかったね」と言ったら
「いえいえ、私たち車の民族ですから、全然平気ですよ」
ってさらっと義姉が言ったのにはびっくり。
そういえば彼女、アウディの高級車乗り回してたっけな、車種は知らない


たぶん、自分がドイツ人化したなと気付く点は、少なくて、
きっと日本にいる友人が、私のへんてこな行動をみて、
「やっぱり、ドイツ人になったか・・・」と気付くのでしょうね。
「何が食べたい?」と聞かれて、
「お豆腐系、和食、魚系」なんてすらすらでてきちゃう。
「なんでもいいです~」なんていう奥ゆかしさはなくなっちまいましたね。
あ、それに日本で友人たちと食事すると「好きなだけ食べな~・・・」って
同情の眼差しを感じるんだけど、がっつきすぎてるのかしら、あたし?


あ~、気をつけなきゃって思うのはやっぱり、
上を行くドイツ人化したおばさま方を観察する時ですね....
うわ、ごめんなさい!!!



9月のアロマテラピー教室

日程 20日(火)、23日(金)
テーマ:子供とお母さんとアロマ!

お子さんやご家族に役に立つ実践アロマテラピーをご紹介します。
急な怪我や発熱に対処できるアロマはたくさんあります。
また、幼稚園や学校へ行き始めるお子さんなどに
精神面でバックアップできる自然療法をご紹介します。
またこの時期はどんどん気温が下がり、風邪を引く方も増えていくシーズンです。
うがい薬やヴェポラップなど、アロマを使って手作りしてみませんか?
効果抜群ですよ~!

詳細はこちらにて
スポンサーサイト

意思がはっきりしてます。

07071

数日前の茂木健一郎氏の連続ツイッターに
日本の「おまかせ」について書かれていました。
いきつけの小料理屋に入って
「大将、おまかせで」って頼む事について。

これ、私は読んでいてかなり違和感を感じたんです。

なんで?
大人なのに自分の食べたい物が分からないの?
自分が食べるものを他人に任せちゃうの?とね。

今日の天気や、お店に入って来たその人の雰囲気などで
その人がきっと食べたいだろう、と思うものを
料理人が作るってこと何でしょうけど、それはそれですごいことだと思う。
そこで、「おお!こんなものを出して来たのか!」
という喜びが茂木さんにはあるらしくって、
それが脳の活性化につながる、とかなんとか
そんな話だったんですけど。

いや~・・・、それってすごすぎるな、って感じるのは私だけかしら。
本当に、自分が食べたかったものがでてくるもんなのかな・・・?って
単純に疑問に思っちまいます。

例えば、ドイツのパン屋に行くと、
パン屋に入る前からお客はもう頼むものが決まってる。
だから、迷わず店員さんに「このパンとそれとあれをください」って注文がスムーズ。
だけど、日本人は、まず、パンを食べたいってことしかはっきりしてないから、
パン屋に行って決めようとするでしょ?
まずは商品を見てからね、みたいなさ。
それをやると、ものすごく店員さんからプレッシャーを感じませんか?
何が欲しいか、何が必要かってこと、明確にするのがドイツ社会だなと思うんです。

それに、ドイツに住んでみると、
言わなきゃ分からないってことに、あまりにもたくさん遭遇しすぎて、
私が、何を食べたいか、どんな気持ちか、どうしたいか、
ってことは、他人に悟ってもらおうという期待が
どんどん薄れて来ちゃってる。
「私はこうしたいんです、こう感じています、こうするつもりです!」
って言葉に出して伝える事、これの重要さを凄く感じます。
言葉にしなくても周りがなんとか察してくれるって、
ドイツではあり得ませんからね・・・。

そして、言いづらい事でもきちんと伝える。
いい訳がましくても、なぜ、それができなかったか、
なぜそうなってしまったかをきちんと説明する義務がある、と夫がよく言ってたけど、
なんか最近そういうの分かるんです。
「いい訳する前に謝れ!」って私もよく夫に言ってましたけど、
最近は、夫にすぐ謝られても
「理由は?」なんて聞いてしまう。
夫よ、最近は羽を伸ばして言い訳できますな!
理由も言わずに謝られると「何考えてるんだ?」と思う。

だから逆に、謝ることに美徳を感じる日本人に違和感を感じるのかも。
あ、やばい、私、本当に、なんだか、ドイツ人?

でも、そうやって住んでいる場所のルールに従って行くことで、
ドンドン住みやすくなっている事は確か。
「ふつう~あやまるでしょ!」みたいなフラストレーションがなくなるわけですからね。
この「ふ・つ・う」ってやつがまた厄介なんですけど。

私が悪いと思ってなければ謝る必要ないし、
きちんと説明すれば理解してもらえるという信頼感もありますし、
向こうが謝って来たら本当に悪いと思ってんだなって、じ~っんと感動してしまうしね。

ん?何が書きたいのだったのかしら?

あ、とにかく、私には人に私のしたい事をお任せする事は無理という事。
私が食べたいものは、私が選ぶし、あ、もちろんおススメとかは聞きますけど
私がこうしたいと思う事は、言葉にして伝えるし、
ってことが言いたかっただけですね。

でも、これはドイツ人社会のなかでの私です。
日本人社会の中では、きちんと空気読めますからご安心を!
え?読んでない??ちょっと不安


7月のアロマテラピー教室、空席状況
20日(水曜日)は満席になりました、ありがとうございます!!
22日(金曜日)4席空いています。

お早めにお申し込みください!

コンプレックスと私

03232

日本語補修校の学習発表会がありました。
年度末という事で、卒業式を兼ねて、それぞれの学年で出し物をしました。
幼児部、準一年生たちはとってもかわいくって、
歌声や笑顔にみんなの顔もほっこり。
こういうときに、こういう催し物はいいものですね。
震災のチャリティーの紹介もありましたし、
手作りのお菓子やおにぎりなどを売る事でお金を集めたりしていました。
こういう機会は本当に、いいですね。

最後に校長先生の言葉で
「学年を2度繰り返す(ようするに留年)子供たちは、とっても大切な存在なんですよ、
だって、2つの学年の橋渡しとなってくれるのですから」
と言ってくださった事にじ~んと打たれました。
うちの息子が橋渡しか・・・とね。
来年度はもう一度2年生をやりますからね。
本人は知り合いのたくさんいる来年度の2年生のクラスを楽しみにしているようです。

そこでふっと思い出したのが、私の大学時代です。

私は大学1年を終了する前に休学しています。
そして、戻って来た時は2年下の入学生とともにもう一度1年生をやり直したのです。
ですから、やり直した時の学年と
最初に入った学年と2学年の顔ぶれを知っているのです。

そして、最近始めたFacebook。
大学時代の友人たちが見つけてくれて、
久しぶりに連絡が取れたのはとっても嬉しかったです。

でも、そこで思い出したのです。
最初に入った学年のメンバー達に対する自分のコンプレックスというのかな。
とっても久しぶりでしたけど、懐かしい、この感情。
同い年だけど、
どんなに背伸びしても、
どんだけ努力しても、
彼女達に追いつけない、という気持ち。
焦り、というか、あきらめ、というか、不平等感、というか・・・。
だって、本当に言葉を交わしたことがあったっけな?と
今では思うほど、近寄りがたい知性と、センスと、賢さと、スタイルの良さ。
同い年とは思えないほど大人っぽくって、落ち着いていて、
都会の人のオーラを漂わせていたというかね・・・、
いや、みんな出身は千葉だったり茨城だったり埼玉だったりするんだけど、
高校を岐阜の山の中で過ごした私には、彼女達がとてもキラキラして見えました。
なんだかとっても大学生らしくって、
みんな高校出たてのはずなのに自分とはなんか違うっていつも思っていたんです。
勉強はできるし、考え方はしっかりしているし、おしゃれだし、背が高くて個性的。
教授陣たちとも対等に付き合ってたのぶこやななえちゃんにまちこちゃん。
名前は忘れちゃったけど、
いつも鈴木先生のドイツ語文法の小テストで高得点を取ってた頭脳派女子たち。

それが、2学年下に入り直した時は、
なんだかちょっとみんなより大人になった気がして、
授業内容も一度やってるから成績が良かったりして、
それなりに2度やることの有利さを味わえたのだっけな・・・。
そして周りの2歳下の子達とのほうが、コンプレックスなく楽しく付き合えてたなと。
ようするに私の精神年齢は、当時は、2歳幼かったという事なのかも。

まあ、今となっては、いい思い出です。
青春の一時期に抱いた淡いコンプレックスだったな、って。
あのような地に足がついていないふわふわした感覚は、
たぶんもう味わえないし、味わいたいとも思わない。
あのときはきっと、自分が何をしたいのか、
何ができるのかがまったく分からない状態だったと思う。
だから、不安定で、周りの芝生が全て青々と見えたんだろうな~。

同い年なのに同い年に見えなかった彼女達も、
30代後半を迎えてきっとそれぞれの人生を歩んでいることでしょう。
彼女達らしく、胸をはって、スタイリッシュに、知性的に、幸福にね。
自分も恥ずかしくないように、がんばらなきゃ、

このコンプレックスという感情は、最近とても遠ざかっていました。
自分に自信があるからってわけじゃなくって、なんか
そんなおこがましいことではなくて、
なんとなく、他人と自分を比較する事をやめる事ができたというのかな。
これができると、とてもラクになるんです。
また、これについてはいつか。




4月のアロマテラピー教室 空席状況

各日程6名様まで
13日(水) 15日(金) 
両日とも満席になりました!ありがとうございます。
参加希望の方がいらっしゃいましたらご連絡ください。
数名の余裕をみていますので、遠慮なくお問い合わせくださいませ。

屋根裏部屋へいらっしゃ~い

屋根裏部屋でドラゴンボールを読む息子
02157

今日は鉄道ストライキで、石けん教室に参加される予定だったお二方が
来れませんでした。
う~・・・、こういうどうにもならないことって時々起こるのですが、
仕方ないです。
とっても残念だったけど、車で来て頂いたSさんとR子ちゃんと、
お二方のための石けんを作ったりして、無事に終える事ができました。

準備万端リサーチ済みのSさんと、今度はリキッドソープ作りたいね~
なんて話にもなり、ふふふ、そういうの嬉しいです

今日は屋根裏部屋のご紹介。

屋根裏部屋、本当に居心地抜群です。
先日も大好きな友人が来てくれて何時間もそこでゆっくりと話をしました。
何しろ、邪魔が入りずらいのがいいのです。
夫も息子も犬も眼中に入らない、雑音も入らない。
022213

そして私、一対一で話すのが大好きです。
大勢の中にまじって当たり障りのない話をしていると疲れが来るのが早い。
けど、一対一だったら、色んな話ができるでしょ?
私の考えも相手の考えも、邪魔が入らず、へんに話題がそれることもなく、
とことん、というとちょっとおかしいけど、
相手がどういう人なのかと把握しやすいのです。
把握したらどうなの?ですが、
把握できると、相手の事が好きになります。
「そうか~、そうやって考えていたのか~」とか
「へ~、なるほどね~!」と、
私を刺激してくれるんです。

だから、人との付き合いは、無理する事ないんだな、と、
この歳になってようやく気づいたわけです。
大好きな人と会えればいい、って。
交友関係を広げて、あさ~く付き合っていくことも一つの才能だけど、
私はね、たぶん、深く付き合うタイプなんだな、と。

外国にいると、日本にいる時よりも、新しく人と出会うチャンスが多いです。
特に日本人どうしの付き合いが広がっていく事は、興味深いなと思います。
お互いに「日本人である」という共通項が、自然と引き寄せ合ってくれるというか、
情報交換ができて、気兼ねなく日本語で話せる。
こういう関係はとても貴重です。
対照的に、日本駐在中は、
なかなか新しく人と知り合うという機会が少なかった気がする。
もちろん、習い事をしたり、幼稚園に連れて行くようになったりで、
顔を合わせる機会が増えてはいましたが、
面白いことに、ドイツ人と知り合うチャンスが多かったのです。
彼らも日本に住む外国人という事で、お互いに引き寄せ合ったというか、
私はその隙間に入り込ませてもらえたというか。
ドイツ語話せるという事で頼りにされてしまったことも多かったです。
どれだけ病院についていってあげた事か!

残念なのは駐在が終わって母国に帰ると、
なかなか連絡が取りづらくなってしまうということ。
でもね、そういうのはいいんです。
その時間、一緒に時間を過ごせた事、色々と楽しめた事は消えていきませんから、
まあ、いいや、と思えるんです、最近はね。

だから、どうせ別れがあるからといっておつきあいを制限するのではなく、
そういうのは、考えなくていいんじゃないか?
と最近考えれるようになったのは、大きな進歩、私にとって。
新しく、人と出会えるチャンスが転がっているドイツ生活、
自分に制限をつけるのはナンセンスだと。
というか、そういうのは私が決める事ではないんです。
何か見えない力が、人と人を引き寄せてくれる、というのかしら。
そういうことを自然に考えてしまいます。

ねえねえ、うちの屋根裏部屋へ来ませんか?
静かで落ち着く空間で、ソファベットにゆったり座りながら、
色々な話を聞かせてもらえませんか?
お好きな香りを選んでリラックスというのもいいですね

そうやってお誘いさせてもらうことがあるかもしれません。

ほんと、誰か来ない?

眺めもばっちりよ!
02159



3月のアロマテラピー教室 空席状況

各日程6名様まで
11日(金) 残席 3
18日(金) 残席 4

読書と私 ドイツにて

数日前、久しぶりに雪が降った
02211

雪降りの日に自転車通学は私だけ。
いつもはいっぱいの自転車置き場がガラガラ。
02212

最近、色々な本が私のもとにやっていてくれます。

私の数あるシュミの中でも一生続けられそうなのが読書。
ここのところ読む量が多いのが実用書ってのがちょっと寂しい。
外国文学大好きな私が、文学なし、
健康に関する本や、心理学、栄養学、果ては嗅覚に関するものまで、
役に立つもの、ってのがキーワード。

なんですがね、もっと虚構の世界に浸りたい・・・、と思う時があるわけです。
たっくさんの本を持って来たのにも関わらず、
手を付けていないものばかり、
しかも新たに面白そうな本が手に入ったりして、
文学はしばらくがまんだな。

そして、今、最初の数ページを読んだだけで
一気に入り込んでしまった本があります。
エリザペス・キューブラーロスの本です。

これはすごい偶然で、私の手元に来るべきして来た!と私は信じてます。
ただの偶然でしょ?って誰か言った?
というのも、何かのきっかけでキューブラーロスの本をそろそろ読むべき時が来た、
と思って日本のアマゾンで注文、実家の母経由でドイツに来る予定でした。
それが、母がはまってしまい、「凄い本よ!!」という興奮した電話までもらい、
わくわく!と楽しみにしていたところに、
ブログを読んでくれたある友人と、偶然にもキューブラーロスの話になり、
本を頂いてしまったってわけ。
だって、ブログにキューブラーロスの本頼んだって一言も書いてないのに、
なぜ?
なんの因果でうちに来てくれた?

でも、開いてみてびっくり。
最初の数ページで言葉が怒濤のように私の内側に入ってくるというのかな。

そういう本は、屋根裏部屋でじっくり読むべきだって分かっていたのに、
息子のスイミング見学中に読み始めてしまいました。
そしたら、いつもは気づかない騒音がやたらと入ってくるんです。
集中できないったらありゃしない
数週間前にも同じ経験をしました。
これは電車で読むべきではないって分かってたのに、
心に響く言葉がちりばめられている本で、一言一言を味わいたかったのに、
電車で開いたが最後、私の隣に座った人が大声で携帯で話しだし、
帰りの電車もまた!隣に座った人が携帯で話していました。
しかも私が降車するまで・・・。
「いい加減電話切ってよ」とどれだけ願った事か。
行きは彼氏とドイツ語+トルコ語で喧嘩するトルコ人の若い子。
帰りはゼミの内容を逐一報告する若い男子学生。電話代は誰が払う?
私の乗る電車で、携帯でべらべら話す人を見かけるのは本当にまれです。
何じゃこれ?
と思いましたが、たぶん、「電車で読むな」という何かのサインかなと
受け取りました。

いやいや~、ただの偶然でしょ?
うんうん、そう思います、私も。

でもね、「ミトコンドリアのちから」を読んでる時は誰も邪魔しないんですから!
まあいいや。

星の数ほどある本たちの中で、私が一生のうちに出会うものはほんのわずか。
たぶんコメ粒くらい?何に対して?
だからこそ、人づてでやって来てくれる本というのは
すごい貴重な出会いだと思うわけです。
だって、自分じゃ絶対に選ばないような本もやって来てくれるんですから。

去年のベストも人から借りた本でした。
栄養学の丸山淑生や千葉敦子の本を貸してくれたAさんありがとう!
確かAさんからは何年も前に桐島洋子を貸してもらってはまったっけな~。

今年もすでに人づてで私のもとにやって来てくれた本たちが
「ほれ、読んで読んで~!」とつん読されています。

同時進行に本を読んでいく事は悪くないんですって。
資生堂名誉会長の福原義春さんも勧めていましたから(PODCAST学問のすすめより)。
読みかけばかりだけど、いつか読み終えているわけで、
途中で放り出してるわけじゃないの!

小説を読む時間は、今のところなかなか取れませんが
面白い本があったら、ぜひ教えてください!
どん欲に読んでいきますから。

読みかけの本たちのご紹介。

ライフ・レッスン (角川文庫)ライフ・レッスン (角川文庫)
(2005/08/25)
エリザベス・キューブラー・ロス、デヴィッド・ケスラー 他

商品詳細を見る

ああ・・・、早く続きが読みたい・・・。



ミトコンドリアのちから (新潮文庫)ミトコンドリアのちから (新潮文庫)
(2007/08)
瀬名 秀明、太田 成男 他

商品詳細を見る

かなり小難しいけど、いやいや、すんごくおもしろいです。


医者も知らない亜麻仁油パワー―ガン・心臓病も治す、植物オイル医者も知らない亜麻仁油パワー―ガン・心臓病も治す、植物オイル
(2003/03)
ドナルド ラディン、クララ フェリックス 他

商品詳細を見る

油をあなどるなかれ!


たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教えたった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え
()
トータルヘルスデザイン

商品詳細を見る

これも頂いた本。私の人生を変えたかも!


香りの愉しみ、匂いの秘密香りの愉しみ、匂いの秘密
(2008/01)
ルカ トゥリン

商品詳細を見る

資生堂の香水の話から始まるつかみが上手!な、専門書に近い本。



交流分析のすすめ―人間関係に悩むあなたへ (日文選書)交流分析のすすめ―人間関係に悩むあなたへ (日文選書)
(1990/11)
杉田 峰康

商品詳細を見る

これも私をラクにさせてくれるありがたい本。


文学部唯野教授 (岩波現代文庫―文芸)文学部唯野教授 (岩波現代文庫―文芸)
(2000/01/14)
筒井 康隆

商品詳細を見る

日本から借りたまま持って来ちゃった、ごめ~んYさん!
絶対読み終えるから!
プロフィール

EESMANN

Author:EESMANN
日本でアロマテラピーと
リフレクソロジーを習得。
ドイツでアロマテラピーを普及できたらと試行錯誤の毎日。
現在はドイツで「自然療法士」の資格を取るべく、勉強に励んでいます。
アロマを始めてから病気知らず!
好きなことを仕事にできる喜びを実感。

☆ドイツでアロマ★
ニュースレター発行中!
ご希望の方は以下のメールフォームにてお申し込みください。

アロママッサージのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。