スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツにて手作り納豆、作り方公表します。

なかなかおいしくできます、手作り納豆。
しかも大豆自体がオーガニックショップでしか手に入らないから、
品質も安心できるし。
そして、日本の売られている納豆のように、
ひとつひとつが発砲質ロールに入れられる事もなく、
小さいタッパーに小分けにしちゃえば、ゴミも少ない!
でも、日本滞在中は作らなかったのよね。。。

でも、今はつねに冷凍で保存して切らした事ありません、納豆。
そういえば、ナットーキナーゼというネバネバに含まれている物質が、
脳梗塞予防になるらしいんだけど、納豆で取るとなるとキナーゼは消化されちゃうから
サプリメントで取りましょうとつい最近、本で読みました。

さて、作り方。
まずは、一晩大豆を水に浸してあげます。
私は乾燥大豆を500g使います。
03071

翌朝はこんな感じ、ぷっくらいい感じ。
03084

そして、圧力鍋で蒸します。煮るのではなくて、
専用の台を使って、ふかすのです。
2時間ほど、じっくりね。茶色くなるくらいまで。
03085

ふかし時間が終わる頃に、スプーンを煮沸消毒しておきます。
納豆菌って意外に敏感な菌で、雑菌にやられちゃう事も多いらしいです。
その煮沸済みのスプーンに、耳かき一杯ほどの納豆菌を垂らして投入。
んもう、たったこれしか使わないから、一生分の納豆菌がうちにはあります。
03086

他の入れ物に移す人もいるんでしょうけど、
ふかした圧力鍋を使えば、煮沸消毒されているのと同じ事。
スプーンも入れたままにしておけばいいしね。
これに蓋を1mmほどずらして乗せておきます。
03087

うちの秘密兵器はこれです。
「ザ・納豆マシーン」
03088

折りたたみのクーラーボックスに温度計と電球を取り付けたもの。
もちろん、夫の手作り、ありがとう~~!
03083

でかでか圧力鍋がすっぽり入るんです!ちょ~べんり。
03089

納豆は40度前後で24時間保温を徹底しなければなりませんから、
この温度計付きは本当に便利。
42度を超えると中の電球が消え、
42度以下になると電球が点くようにしてくれてます。
030811
でも、そのうち電球は売られなくなるのよね。。
今のうちに買いだめしておかないと、って夫に言って笑われました。
そのうち、他の発熱体を使えばいいって言いたいんでしょうけどね。

そして24時間後はこんな感じに。
03091

いつもは12時間後に一度混ぜてるんだけど、すっかり忘れてた。
でも出来上がったので・・・、結果オーライかな。
03092
ねばねば~しますよ~、おいしい。
さっそく息子と納豆たっぷりのせてご飯を食べました。
みなさんも手作り納豆、作ってみてはいかが?
簡単でしょ?



スポンサーサイト

かりんをもらいました。

お隣さんからかりんを10キロも頂いちゃいました。
置いてあるだけで甘く芳醇な香りが漂って、
とっても幸せ気分になれます。
11.3

かりんって自然のままだと、白いふわふわがついているんです。
このまま料理してしまうと苦みが出るので、きっちりとります。
11.4

私が白いふわふわを布で拭き取って、夫が切る役目。
11.5

友人にあげる分をのぞいて、バケツに2杯ほどにもなりました。
11.12

それをEntsafterという水蒸気蒸留釜で1時間ほど蒸します。
11.6
できあがりは4リットルほどのジュースになりました。
1リットルずつ友人にあげて、2リットル分うちに残っているのですが、
これにペクチンを入れてジェル状のマーマレードにする予定。
かりんは、なまでは食べれないそうで、手のかかる果物ということがよくわかりました。
でも、しばらくジュースのままかな。
ペクチンも容器もそろっているけれど、こういうのってよっこいしょと
腰を上げないとできないことですよね。

時間ができたらやりたいこと、たくさんたまってます。

ホワイトティラミス

これ、すごくおいしいです。
10,7,25,1

いつもドイツでの食事の参考にさせて頂いているブログ 新(節約)生活in Germany 
もまさんのレシピはシンプルで、ドイツの食材で工夫されて作られていて、
素晴らしいです!
しかもベジタリアンでいらっしゃるから、
肉食をなるべく避けている私には役に立つヒントがたくさん。
しかも、パスタをゆでるときに重曹を入れるとラーメンになる!など、
ドイツ在住日本人には目から鱗のレシピが山ほど載っています。


このホワイトティラミスも、日本人のみならずドイツ人にも大好評。
クワークに溶かしたホワイトチョコを混ぜて、
冷凍ベリーを載せるだけのとってもシンプルなもの。
急なお客様などに胸を張って出せる一品ですよ。見た目もゴージャスです。
お試しください。
10,7,25,2

プロフィール

EESMANN

Author:EESMANN
日本でアロマテラピーと
リフレクソロジーを習得。
ドイツでアロマテラピーを普及できたらと試行錯誤の毎日。
現在はドイツで「自然療法士」の資格を取るべく、勉強に励んでいます。
アロマを始めてから病気知らず!
好きなことを仕事にできる喜びを実感。

☆ドイツでアロマ★
ニュースレター発行中!
ご希望の方は以下のメールフォームにてお申し込みください。

アロママッサージのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。