スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人にどう思われるかしら病

01104

人にどう思われるかしら、こんな事したら・・・。

これ、日本人全員免疫持ってますね。
空気を読めってのも、結局これでしょ?
でもね、ここドイツでは、空気なんか読んでられませんよ。
うんざりするような質問や私事をべらべら話すクラスメートたちみると、
「人に迷惑かかるんじゃないかな、って気にしないの?」と不思議に思います。

私の両親の世代は特に人に迷惑をかけない病が顕著だと思います。
計画停電があった両親の住むマンション。
8階に住む彼らはエレベーターを使わなければならない。
父はエレベーター、母は階段で上がったところ、
父がエレベーターを降りたとたん電気がふっと切れたそうです。
「お父さん危なかったねえ~」と心配する私に母が
「閉じ込められたらみんなに迷惑かけちゃうじゃない?」って・・・。
閉じ込められる父を心配するのではなく、
その後の対処に気がまわってしまう・・・、ってそこでも他人のことを考えるの?と
母の発言にびっくりする私は、ドイツ人化してるってことかな、なんて考えちゃいます。


私の最近の悩みどころは、
クラスでくしゃみをするとみんなが「ゲズントハ~イ」(英語のbless youかしら)
って言ってくれるんです。
だからね、くしゃみがまんするんです、私。
だって、わざわざみんなが言ってくれるなんて、悪いな~って。
「ダンケ~」って返す事も、授業が一瞬中断される事も、なんか違和感を感じる。

でも、きっと堂々とくしゃみしちまえばいいんですが、
それができない、人の目を気にする私。

このブログで何度も書いていますが、
日本駐在中にドイツへ戻る恐怖症克服のためにカウンセリングに通っていました。
ドイツの嫌なことの一つに
「外国人をじろじろ見る」というのを挙げました。
今考えると「私って自意識過剰~」と恥ずかしくなりますが、
何度か中国人に間違えられて「チンシャンション」なんていう、
なんちゃって中国語を言われながらからかわれた事ってありませんか?
しかも、手と手を合わせてお辞儀しながらってやつです。
こんなことするのは、不良っぽい若い子達ぐらいなのですが、
留学中も何度か経験していて、なんだかそういうのがトラウマになっていました。
ある日本人女子は「私も同じカッコして真似して『チンシャンション』やってあげると
向こうがびっくりして逃げて行くよ」なんていうツワモノでした。

これをカウンセラーに話すと、
「じゃあ、それ、ロールプレイしてみましょう」ということに。
私が不良役で、カウンセラーがアジア人役、はたから見たらまるっきり逆だけどね。
恥ずかしかったけど、思い切ってやってみると、
私がいつも取っていた態度「嫌な顔をしてこそこそ逃げる」と、
不良役の私はもっとかまってやろうという気になる。
でも、ツワモノ日本人女子のように、やり返してみると、
なんかからかっているのが馬鹿みたいに思えちゃう。
逆にぎょっとするというのかな、あれ?からかったのに、これ正しかった?なんてね。

結局、ドイツに戻って来てみると、
アジア人としてからかわれる経験は皆無に・・・。
というか、その「人の目を気にする私」が消失して行ったというか、
これってオバサン化したことかしら?なんて思うけど、
どう思おうと、そうなれた自分がラクになったという事は事実。
逆に、じろじろ見返しちゃったりして、やっぱりおばさん?わたし?
最近は目と目が合うと、向こうが視線をそらすまで負けずと見返したりして、
そうすると、相手が「hallo...」なんてぼそっと言って来たこともあります。

ドイツ自体も、たくさんの外国人が増えたし、
私が住む地方は外国人珍しくないというのもあるかもしれない。
別に、気にならないな~、とこれまた、
日本にいた時の「ドイツへ戻る恐怖症」が杞憂に終わってくれた事を
複雑な気持ちで思い出すわけです。

人にどう思われるかな、っていうのを考えなさすぎたら、
もうそれは日本人社会ではやって行けない、
でも気にしすぎたらドイツ社会でしんどい。
その中間点をみつけるのに苦労している日本人女子は、
私たちの世代に多いかもしれません。。
ドイツ人化したこわ~い中年以降の日本人妻達がいい手本ですから!うわ、ごめんなさい!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

EESMANN

Author:EESMANN
日本でアロマテラピーと
リフレクソロジーを習得。
ドイツでアロマテラピーを普及できたらと試行錯誤の毎日。
現在はドイツで「自然療法士」の資格を取るべく、勉強に励んでいます。
アロマを始めてから病気知らず!
好きなことを仕事にできる喜びを実感。

☆ドイツでアロマ★
ニュースレター発行中!
ご希望の方は以下のメールフォームにてお申し込みください。

アロママッサージのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。