FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期待と支配

義父の庭にて。名前は知らないけどハートでかわいい。
05141
株分けして~とねだったら「モニカ(義母)の一番好きな花だから無理」って。

この1週間、ブログの更新を怠ってました。
去年も確かこの時期、何にも表現する気にならなくて
1ヶ月近く放置したっけな・・・。
この時期は、日本で言うなんだ?
五月病?
体が暖かい気候になじもうと必死で、
頭がとってもおろそかになるというか。
なんにも思いつかない、
なんにもしたくなくなっちゃう。

しかし、この1週間、自分なりに取り組んでいたテーマがあります。
それは、
他人に対する「期待」と「支配」について。

近所付き合いや顔見知りといった、「親密」に至る手前の人間関係では、
この「期待」と「支配」は存在しないはず。
だから、衝突する事なく、ある程度の距離を保ちながらおつきあいして行ける。

でも、友情関係や親子関係、夫婦関係、恋愛関係においては
このやっかいな「期待」と「支配」がむくむくと顔を出すわけです。

「私の話をきちんと聞いてほしい」(夫に対して)
「私にとっていい子であってほしい」(子に対して)
「私のために時間を割いてほしい」(友人に対して)
「私のことをもっと考えてほしい」(彼氏に対して)

すべて、「私」を中心に相手をコントロール(支配)したくなってしまう。

子供が私の気に入らない子と遊んでほしくない、とかね。

この「期待&支配」があると、本人が一番辛いし、
相手も重荷に感じるのよね。

これを、38前にしてようやく悟るなんて、ほんと、遅い!
今までどれだけ相手をコントロールしようとしてきたか!
今までどれだけ相手に期待してきたか!

これを一度やめてみたらどうかしら、とここ最近考えているわけです。

というのも他人に対する「期待&支配欲」のない人と知り合ったおかげで、
自分を見つめ直すきっかけになったというか。

恋愛中なんて本当にこの「期待&支配」がフルオンステージ状態でしょ?
「どうして今日は電話くれないの?」
「どうしてメールの返信くれないの?」
「どうして他の女の人と仲良くするの?」
「もっと私と一緒に過ごしてほしい」
これが強すぎると、相手から「さよ~なら~」されちゃう。

じゃあ、「期待&支配欲」を捨ててどうしたらいいか、どうなりたいのか。
最近の例で言えば
夫がふら~っと隣人宅ヘ行って帰って来ない。
ビールとか飲みだして夜中になって帰ってきた。
こちとらご飯作ってたのに!
「なんでちゃんと言ってくれないわけ?」と激怒する私。
ここで、きちんと彼は私に知らせるべきだ!という期待と支配があるわけよね。
この期待と支配がなければ、「楽しかった?」とまず聞けるんじゃないかな。
「ご飯用意してたから、一言欲しかったけど」って冷静に言える。
そして喧嘩する事なく、ぷんぷん怒る事なくね。

もちろん、相手から期待されないっていう状態も寂しいかも知んない。
でも、過剰な期待をかけることで、消滅して行った人間関係も多いし、
親子関係だってこれの蓄積なわけだから、あまりにも親が支配しようとすれば、
子供が大人になってから、対等な関係が結べないのではないかな。
親子の関係に対等はないと思いがちだけど、20歳を過ぎたらもう対等に扱うべきと
私は個人的に思います。だから、うちの息子も家から追い出しちゃう。


どうしても特別な関係を築いていくにあたっては、
これをどう克服するかが、息の長い関係を維持していけるかにかかってる。
大きな期待をかけず、相手をコントロールしようとせず、
相手の幸せを純粋に祈る事ができたら、私の中でパーフェクト。

「相手は○○すべきだ」という期待、これさえなくなってくれれば!

ようやく、その足がかりをつかめたというか・・・、
自分をラクにするアイテムをまたひとつみつける事ができた感じ。
これを教えてくれたTに、本当に感謝です。

んんん。。。まだなんともまとまってないな。
まだまだアイテムがうまく作動してない感じ、あと一歩!

次回はアロマ情報を。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは  はじめまして。

写真は、華鬘草(けまんそう)別名 鯛釣草(タイツリソウ)ではないでしょうか?私も大好きな花です。白い色も可愛いです。

ほんとね

「期待」と「支配」、ほんとやっかい。所有と愛は違うもの。奪い合うのか与え合うのか。その違いがやーーーっとちょっと分かってきたかもしれない今日このごろ。

ありがとうございます!

とろろさま

はじめまして。
けまんそうという花なのですね。
教えてくださってありがとうございます!
とってもかわいいです。
さて、ドイツ語を調べなきゃ!
プロフィール

EESMANN

Author:EESMANN
日本でアロマテラピーと
リフレクソロジーを習得。
ドイツでアロマテラピーを普及できたらと試行錯誤の毎日。
現在はドイツで「自然療法士」の資格を取るべく、勉強に励んでいます。
アロマを始めてから病気知らず!
好きなことを仕事にできる喜びを実感。

☆ドイツでアロマ★
ニュースレター発行中!
ご希望の方は以下のメールフォームにてお申し込みください。

アロママッサージのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。