スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッチフラワー、今の私に必要です

先週の出張教室で、バッチフラワーの紹介をしました。
翻って自分に照らし合わせてみると、なんだか今、必要じゃない?
と気付けたいい機会でした。
11.13

バッチフラワーとは、フラワーエッセンスを使った自然療法。
植物のエネルギーを写し取った水を飲んだり使ったりすることで、
心を癒す療法の一つです。
フラワーエッセンスを用いることで、自分のことを客観的に観る事ができ、
人間関係がスムーズになります。


ここところ、自分の思い通りに行かない事に対するいらだち、
そのことをコントロールしようともがき、苦しんでいたところでした。

自分ではどうにもしようのない感情、
それを手放せたら、とってもラクになるって、知ってるんです。
だから、こういうアイテムを持ってる事を本当にラッキーだと思います。

作り方は簡単、
トリートメントボトルというものをまず作ります。
煮沸消毒したビンに保存剤としてブランデーを小さじ1杯、
今回はブランデーがないので急遽ウォッカで代用!
そして、ミネラルウォーターを加えます。
それに、レスキューレメディを4滴、
選んだフラワーレメディを2滴ずつ加えるだけ。
振ったりするひすようもなし。
とにかく、つらいときに、それが必要だと感じたときに、
飲み物に4滴垂らして飲むだけです。
必要な時にいくらでもいいのがバッチフラワーのいいところ。
副作用も全くなし。
自分の心の変化をじっくり楽しめます。

レスキューレメディは、緊急時に使えるもので、
深い悲しみ、突然のショック時などに活躍します。
ですから、うちでは、息子が転んで帰ってきたときに、
原液で舌に垂らしてあげます。

今回私が選んだのは、
チェリープラム
バイン
ハニーサックル
チコリー
そしてレスキューレメディを加えました。

さてさて、効果のほどは?
きちんと報告しますから、楽しみにしててくださいね。
うふ。

バッチフラワーについての過去の記事はこちらです。
バッチのタマネギの皮効果

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

EESMANN

Author:EESMANN
日本でアロマテラピーと
リフレクソロジーを習得。
ドイツでアロマテラピーを普及できたらと試行錯誤の毎日。
現在はドイツで「自然療法士」の資格を取るべく、勉強に励んでいます。
アロマを始めてから病気知らず!
好きなことを仕事にできる喜びを実感。

☆ドイツでアロマ★
ニュースレター発行中!
ご希望の方は以下のメールフォームにてお申し込みください。

アロママッサージのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。