スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物の変化に敏感になってみる

ものすごく快晴が続いていますね~、ドイツ。
日本の秋のようでとても嬉しい。
収穫の秋っていうのは本当にそのとおり。
私の周囲でも「リンゴを収穫しなきゃ」とか、
「クルミを収穫する」なんて話をよく聞きます。
私のお隣さんが所有する土地にもカリンに似たマルメロという果実が
そろそろ収穫時期に来たな~と狙っております。
Quittenと呼ばれている果物は実はマルメロらしく、
カリンとの違いはカリンが中国原産であるのに対して、
マルメロは中央アジア原産、ポルトガルに渡ってから日本に来た説もあり、
マルメロはポルトガル語なんだって!

ま、とにかくどちらにしても咳止めや喉の痛みに効果が高いわけで、
また収穫したらアップします~。

で、私が収穫して結構感動したのは、花の種です。
こちらルピナスの変化をお楽しみくださいませ。
08231

花が終わったら枝豆のような実を付けました。
09054

それを切り取って乾燥させたら、こんなん出てきました~。
09301

いや、別にね、たいしたことじゃないんですよね。
今年も去年同様、植物を植えてもその後のケアが滞ってしまって、
ひまわりも植えたら植えっぱなしで、
間引きしないからひょろひょろひまわりが育っちゃったり、
もうね、こういう庭仕事に向いてないくせに、何かやりたい。
水やりも何もめんどくさいくせに、やっぱり花を咲かせてくれると
すごく見とれて癒されてしまう。

今はどうしても庭を手入れする余裕が、時間的にも精神的にも余裕がなくて、
夫と水やりのことでもめたりして、枯らしてしまったり病気にさせてしまったり、
そりゃあもう、ね、なんか余裕がないのが目に見えて分かる。
植物も素直に反応します。

でも、いつか、時間に余裕を持って、庭を慈しんであげれたらいいなって思います。
そういう時間の使い方がとっても贅沢な感じ。
手入れすればするほど、足音を聞いて反応するのが植物、ともいいますからね、
庭先に素敵なバラが咲いている家を見るたび、
あ~・・・、私もいつか!と思っちゃうわけです。

うん、いつかね。


10月のアロマテラピー教室空席情報

詳しい内容はこちらから
18日(火曜)空席:1
21日(金曜)空席:3

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

EESMANN

Author:EESMANN
日本でアロマテラピーと
リフレクソロジーを習得。
ドイツでアロマテラピーを普及できたらと試行錯誤の毎日。
現在はドイツで「自然療法士」の資格を取るべく、勉強に励んでいます。
アロマを始めてから病気知らず!
好きなことを仕事にできる喜びを実感。

☆ドイツでアロマ★
ニュースレター発行中!
ご希望の方は以下のメールフォームにてお申し込みください。

アロママッサージのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。